スポンサーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
50位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
スポンサーリンク

池坊議長を直撃! 大相撲の女人禁制問題に持論!~~宝塚市の中川智子市長(70)が相撲協会とスポーツ庁を訪れ、女人禁制見直しの要望書を提出したことには「パフォーマンスで市長が来られても困る」とバッサリ。「宝塚(歌劇団)に男性がいないのと同じ。女性蔑視しているわけではありません」

2018/05/18 16:34:46 | スポーツ 芸能 | コメント:0件







キャプチャ

池坊議長を直撃 女人禁制問題に持論「早急に変えるのはどうかと思う」 中川市長には「パフォーマンスで来られても困る」

■大相撲夏場所5日目=17日、東京・両国国技館

 春場所後の3月26日に開催された評議員会を最後に、すっかり姿をみせなくなっていた池坊保子議長(76)が、黒の模様が入った白いワンピース姿で観戦した。

 この間に日本相撲協会は、春の舞鶴巡業(4月4日)で女性が救護のために土俵に上がったのを機に「女人禁制」問題で大揺れ。しかし池坊議長は本紙の直撃に「そういう声が上がったからといって、早急に変えるのはどうかなと思うの。相撲の歴史や現状を考えて、慎重に冷静に結論を出すべきだと思います」と持論を展開した。

 「『女性総理が誕生したら(千秋楽の内閣総理大臣杯授与を)どうするんだ』という声もありますけど、それよりも千代大海(現九重親方)の断髪式で、(女手ひとつで育てた)お母さんが土俵に上がれなかった方がかわいそう。愛する息子の断髪を、土俵上でしたかったと思う。一部の特例があっても構わないと思います」とも。

 宝塚市の中川智子市長(70)が相撲協会とスポーツ庁を訪れ、女人禁制見直しの要望書を提出したことには「パフォーマンスで市長が来られても困る」とバッサリ。「宝塚(歌劇団)に男性がいないのと同じ。女性蔑視しているわけではありません」と続けた。

 くしくもこの日、東京・世田谷区の主婦(59)が、女性差別を理由に相撲協会の公益財団法人認定の取り消しを求め、インターネット上で募った1万6692人分の署名を内閣府の公益認定等委員会へ23日に提出することが明らかになった。池坊議長には数少ない協会側の女性の論客として、ぜひ前面に出てほしいものだ。

「掲載記事」続きはhttp://www.zakzak.co.jp/spo/news/180518/spo1805180017-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop  
関連記事

スポンサーリンク


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2USER385546ULUさんのランキング集計結果