スポンサーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
273位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
47位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
スポンサーリンク

「野党の“大型連休” 政治家の志を忘れたか!」国民の60%超から批判され、~新党「国民民主党」の玉木雄一郎共同代表は親からも批判される始末!~どう見ても野党の稚拙な対応に問題があるが、「立憲民主党」の枝野代表、福山幹事長、辻本国対委員長は与党の責任を主張するだけで、益々、民意を失うだけだろう!

2018/05/07 18:43:58 | 国内 政治 経済 | コメント:0件







poland-2537089__340.jpg

野党の“大型連休” 政治家の志を忘れたか

GW明けの通勤電車は、遊び疲れでくたびれた顔が並ぶ。が、大型連休といってもこの人たちの比ではない。日本維新の会を除く野党6党の国会審議拒否である。ようやく復帰するようだが、すでに“17連休”になる。自分たちが提出した法案の審議にも出ないのでは、職務放棄というしかない。

 ▼加計学園問題をめぐる政府の対応に反発してだが、国民の支持は得られない。希望の党の玉木雄一郎代表も「地元や親からも言われる。『そろそろ(国会に)出た方がいい』と」。民進党と合併して「国民民主党」が発足するが、期待も関心も集まらないのは、国会議員の役割を果たしていないからだ。

 ▼曽野綾子さんが朝刊オピニオン面に連載している「透明な歳月の光」(2日付)でこう書いていた。「人は理想や夢によってではなく、自分の志と資質の大きさによって、将来の道を決めるべきなのである」。どんな志で政治家になったのか、胸に手を当ててみるがいい。


「転載記事」続きは http://www.sankei.com/west/news/180507/wst1805070019-n1.html
関連記事

スポンサーリンク


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2USER385546ULUさんのランキング集計結果