スポンサーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
273位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
47位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
スポンサーリンク

[元在韓米軍司令官] 在韓米軍撤収を目的に北朝鮮と平和協定を締結するのは韓国の「死刑」に署名するのと変わらないと強調した。 「韓国が米軍に出て行けと言えば米国は離れるはずであり、その時から韓国は中国、北朝鮮と直面し、自ら運命を決めなければいけない」~~在韓米軍撤退の時から、ハッキリと韓国は日米とは敵側と認識され、対馬を境に新たな38度線が出現するだろう。今回「米朝首脳会談」が行われ北朝鮮の核廃絶が実現しても、いずれ南北が連合国家となり再び核兵器を持とうとするだろう。未来の為に日本は憲法改正を急がなければならない!

2018/05/30 12:04:09 | 中国 韓国 北朝鮮 | コメント:0件







キャプチャ

元在韓米軍司令官「撤収目的の平和協定締結…韓国への死刑宣告」

最近、在韓米軍と韓米連合軍事訓練が繰り返し俎上に載せられていることに関連し、韓国が撤収を要求すれば米軍は韓国を離れるだろうと、バーウェル・ベル元在韓米軍司令官が明らかにした。また、在韓米軍撤収を目的に平和協定を締結するのは韓国の「死刑」に署名するのと変わらないと強調した。

ベル氏は28日(現地時間)、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)との電話インタビューで「在韓米軍撤収を目的に平和協定を締結するのは韓国を死刑にすることに署名するのと同じ」とし「核力量と莫大な兵力を持つ北朝鮮が非武装地帯の前にいる状況で、米軍が離れて南北間に偽平和協定が締結される場合、北朝鮮は理念浸透や軍事攻撃を通じて韓国を占めるだろう」と主張した。

続いて「ただ、力を通じてのみ当事国を和解のテーブルに引き出すことができる」とし「米国や韓国の誰も在韓米軍の撤収を主張してはいけない。北朝鮮軍が非核化と同時にはるか北に退かない状況で同盟分裂の試みが成功すれば韓国の終末に帰結する」と警告した。

ベル氏は「平和協定は非核化のほか、北朝鮮の兵力をかなり縮小する結果をもたらさなければいけない」とし「この場合、平和協定の特定の条約が在韓米軍にも影響を及ぼすかもしれないが、相当規模の北朝鮮地上軍を減らさずに在韓米軍の撤収を話すのはとんでもない」と述べた。さらに「北朝鮮が平和を望んで在韓米軍の変化を望む場合、自ら兵力を縮小すべきだ」と要求した。

しかしベル氏は「韓国政府と国民が歓迎して必要とする場合に限り、米軍は韓半島(朝鮮半島)防御のために強力に残る義務がある」とし「韓国が米軍に出て行けと言えば米国は離れるはずであり、その時から韓国は中国、北朝鮮と直面し、自ら運命を決めなければいけない」と主張した。

「掲載記事」続きはhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000006-cnippou-kr  
関連記事

スポンサーリンク


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2USER385546ULUさんのランキング集計結果