スポンサーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
30位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
スポンサーリンク

田原総一朗「モリカケはぐらかす安倍首相に自民党は異議を唱えよ」 田原氏は財務省が提出した3000ページの渡る文書を1ページでも読んでいるのか?主張してるのは反安倍野党と朝日新聞などのマスコミの受け売りにしか見えない。ジャーナリストなら自民党の和田政宗議員などが調べた報告など読んでみた事はあるのか?それに対する対論なら興味があるが、全て無視状態なのは何故か?論破されるのが怖いからですか?

2018/06/06 16:31:01 | 国内 政治 経済 | コメント:0件











田原総一朗「モリカケはぐらかす安倍首相に自民党は異議を唱えよ」

ジャーナリストの田原総一朗氏は、イエスマンだらけの自民党に異議を唱える。

5月30日に、1年半ぶりに党首討論が開かれた。

 立憲民主党の枝野幸男代表は、たとえば新たにおびただしい文書が出てきた森友学園疑惑について、昭恵夫人付の政府職員が財務省側に優遇措置を受けられないか、と打診をしていて、これは昭恵夫人が森友学園への国有地売却に関与していたということではないか、と追及した。

 去年の2月に安倍首相は国会で、「もしも自分自身や妻が、森友学園の認可や土地売却に関与していたら、首相も国会議員も辞める」と断言していた。だが、この文書によれば、あきらかに昭恵夫人は関与していたことになるのではないか。だから安倍首相は辞任すべきではないか、と質したのだ。

 それに対して安倍首相は、28日の参議院予算委員会で、「贈収賄はまったくない」と答えており、「それは去年から繰り返し述べていることで、新しい定義を定めたわけではない」と答えにもならない答弁をした。国民のほとんどは、安倍首相がはぐらかした、と捉えているはずである。

 さらに、2015年2月25日に安倍首相が加計孝太郎氏と面会していた、という愛媛県の文書について、26日に加計学園が突然、安倍首相と加計理事長は面会していないのに、面会したという誤りの情報を愛媛県や今治市に伝えた、と発表した。国民のほとんどはこれが事実だとは捉えられないはずである。

 枝野氏が、これがもし事実ならば、「なぜ(学園に)抗議しないのか」と問うと、安倍首相は「訴訟になれば時間がかかる。首相の時間を費やすべきではない」と答えた。これもまったく答えになっていない答弁である。つまり安倍首相は、党首討論をほとんどはぐらかし続けたわけだ。

「掲載記事」続きはhttps://dot.asahi.com/wa/2018060500036.html?page=1  
関連記事

スポンサーリンク


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2USER385546ULUさんのランキング集計結果