スポンサーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
16位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
スポンサーリンク

米朝首脳会談後の夜、トランプ氏は安倍首相に次のように電話している。  「今後は非核化と同時に、拉致問題を交渉して進めていかなければならない。シンゾー、ビッグ・プレーヤーとして関わってほしい」「100%、シンゾーを信頼している」 ~~「米朝首脳会談」の深層はトランプ大統領が金正恩委員長に「非核化の完全実施」を迫り、非核化すればバラ色の経済発展、出来なければ戦争と2者択一を迫り金正恩委員長が震えあがったと言う事だ。経済発展も日本の協力がなければ出来ない。その為には拉致被害者を全員解放が絶対条件だとトランプ大統領は恫喝をし続けた。金正恩委員長は全面的に同意した。いよいよ、安倍首相の出番となるが、北朝鮮の工作機関も活発な動きとなって来た。安倍首相の失脚を狙い、野党に働きかけや、与党サイドにも工作の手を伸ばしてる。今後、安倍叩きが激しくなればマスコミも含め要監視だと考えられる。

2018/06/19 19:07:37 | アメリカ | コメント:0件

キャプチャ





安倍首相&トランプ氏の“罠”にはまった正恩氏 トランプ氏「拉致解決拒否なら経済発展はない」

旧知の米情報当局関係者は「すべては、安倍首相とトランプ氏が綿密に仕組んだ罠(わな)だ。正恩氏は完全にはまった。逃げられない」といい、続けた。

 「米朝首脳会談の席上、トランプ氏は『戦争か、非核化か』と決断を迫り、『完全非核化すれば、北朝鮮に素晴らしい経済発展がある』とバラ色のビデオを見せた。正恩氏は大喜びだった。そのうえで『完全非核化後、経済制裁は解く。だが、米国は1セントもカネは出さない。中国や韓国もほぼ同じだ。頼れるのは日本だけだ。拉致問題を解決すれば安倍首相は応じる。解決拒否なら経済発展はない。いま決めろ!』とやった。正恩氏は震えながら『(安倍首相と)会いたい』といった」

 米朝首脳会談後の夜、トランプ氏は安倍首相に次のように電話している。

 「今後は非核化と同時に、拉致問題を交渉して進めていかなければならない。シンゾー、ビッグ・プレーヤーとして関わってほしい」「100%、シンゾーを信頼している」

 トランプ氏の勝利宣言ではないか!

 現時点で、官邸が検討している日朝首脳会談の候補は以下の3つだ。

 (1)8月中に、安倍首相が電撃訪朝し、平壌(ピョンヤン)で開催する。

 (2)9月11~13日に、ロシア極東ウラジオストクで国際会議「東方経済フォーラム」が開かれる。ウラジーミル・プーチン大統領が、正恩氏を招待し、フォーラムの合間に安倍首相と会談する。

 (3)9月中~下旬、米ニューヨークでの国連総会に合わせて設定する。

ネタ元「掲載記事」続きはhttp://www.zakzak.co.jp/soc/news/180619/soc1806190004-n2.html  
関連記事

スポンサーリンク


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2USER385546ULUさんのランキング集計結果