スポンサーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
30位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
スポンサーリンク

「大阪北部地震」毎日新聞と共同通信の吉村大阪市長バッシング報道:SNSと維新が嫌いなだけでは? 地震災害で通信網が途絶え、発信するのに信頼が出来るツールがツイッターらしい。一刻の時間も惜しい時にルールだの秩序など言っていられない。1人でも多くの命を救わねばならないのだから。吉村市長のツイッターに付いてはどの様に使えば効果的なのか検証も今後必要だが、パッシング報道は必要がない。市長は人命の為に迅速に行動したのだから。この様な、マスコミの報道で今後の災害で首長が委縮し迅速な対応が出来なくなるのであれば、毎日新聞 共同通信の罪は重い!

2018/06/22 18:06:10 | 国内 政治 経済 | コメント:0件






キャプチャ
吉村大阪市長バッシング報道:SNSと維新が嫌いなだけでは?

大阪北部地震発生直後、吉村洋文大阪市長がツイッターで迅速な情報発信をしてネット上では「神対応」と評されたと思ったら、小学校の「全校休校」措置をめぐって、毎日新聞や共同通信などが「市長の発信が混乱を招いた」などと批判のボルテージを上げている。

「賞賛」のネット VS 「批判」の新聞
吉村市長のツイッター発信を巡っては、震災直後からいち早くその動向や反響をキャッチしたキャリコネニュースやロケットニュースなどのウェブメディアでは好意的に記事が出ていた。ところが日が経つにつれ、既存メディアから「カウンター情報」が繰り出された形だ。毎日の記事によれば、市長が「全校休止」を決めたにも関わらず、一部の学校では授業を継続したところもあったという。

市長の指示が現場に行き届かなかった実態を伝えることは、「南海トラフ大地震の発生に備えた検証」(毎日新聞)をする上でも重要なのは確かだ。ネット上の動きをまとめただけのウェブメディアを尻目に、リアルの現場取材を泥臭く駆けずり回る老舗メディアの記者たちの“意地”のようなものも感じる。

ただ、毎日や共同の記事の伝え方をみていると、何か釈然としないこともある。震度6弱と数字だけは阪神大震災を彷彿とさせる一報が伝えられた中で、ただでさえ現場は混乱している。そうした中で100点満点の結果(今回でいえば文字通り市内全校が休止になること)を要求しすぎるには、いささか現実味に欠けるのではないか。大事なことは初期対応によって、100点満点ではなく合格点、つまり一人でも多くの子供たちの安全を確保できたかどうかを検証することではないのか。

この毎日や共同の記事に対しては、吉村市長だけでなく、この話題をツイートした私へのフォロワーの皆さんの反応のほうが合理的にもみえる。


ネタ元「掲載記事」続きはhttp://agora-web.jp/archives/2033313.html  

関連記事

スポンサーリンク


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2USER385546ULUさんのランキング集計結果