スポンサーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
30位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
スポンサーリンク

「NHK職員襲撃犯」マスコミは何故、殺人未遂で逮捕された韓国籍の男を実名報道しないのか?~~刺された場所があと数センチずれてれば、命を落としかねない危険性があった。犯行の動機は『無責任な報道をする日本のメディアへのメッセージだ』『日本のメディアのトップはNHKだと思った』との事だが、韓国の反日報道に洗脳された誠に身勝手な理論である。ある意味、反日無差別殺人テロではないのか!私にとって、日本のマスコミは十分に反日的でありNHKは、そのトップクラスとなるが、韓国籍の男はそう感じないらしい。だが、他国にやってきて殺人未遂の刺殺テロを犯すなど大きなお世話である。以前の、靖国神社への韓国人爆弾テロなど、これからも勘違いした韓国人が来日し「日本を正してやる!」と勝手な思い込みでテロ的な犯行を重ねる可能性が大きい。その為には、マスコミは実名報道し犯行の重大さを韓国国民に知らしめる事が必要ではないか!その責任を日本のマスコミは放棄している。

2018/06/24 18:08:50 | 国内 政治 経済 | コメント:0件






キャプチャ
なぜNHK職員襲撃犯の実名を報じないのか 

5月18日午後9時半ごろ、東京都渋谷区神山町の路上で、中年男性が何者かに突然後ろから首を切りつけられ、長さ15センチ、深さ5センチの傷を負った。命に別条はなかったといっても、一歩誤れば命を落としかねない重傷だった。

 この事件は5月19日の各紙朝刊で報道され、次いでこの負傷者が48歳の映像制作会社の社員で、NHK放送センターを出てきたところを襲われたことが判明した。つまりこの時点で、事件はNHKとの何らかの関連をうかがわせた。

 その後、事件から10日以上経過した5月30日の朝刊には、犯人とみられる男は在留資格が切れていたために入管難民法違反容疑ですでに逮捕されており、警察はさらに殺人未遂容疑で逮捕する予定-との記事が掲載された。

 ここで男は韓国籍であることが明らかになるが、実名は出されていない。またこの時点の記事では、この男は犯行に及んだ翌日の5月19日に渋谷署に出頭していた-とある。

 では、それから10日以上も詳細が発表されなかったのは一体なぜなのか。まことに不思議であるが、その説明はない。

 5月30日の各紙夕刊(産経は同31日朝刊)には、犯人が殺人未遂容疑で再逮捕され、ここで韓国籍の男の実名が李宰弦であることが明らかになる。

 犯行の動機は産経が比較的詳しく報道している。同30日の記事では「男は出頭時、『NHKの報道内容に腹が立ってやった』などと話し、その後『日本のメディアに腹が立った』とも話したとされる」とある。

ネタ元「産経新聞」続きはhttp://www.sankei.com/column/news/180624/clm1806240005-n1.html  



関連記事

スポンサーリンク


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2USER385546ULUさんのランキング集計結果