スポンサーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
273位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
47位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
スポンサーリンク

【国難突破】石破氏、進次郎氏…総裁候補は「低級ポピュリズム」やめろ 「安倍レジーム」継承の力量と構想はあるのか ?文芸評論家の小川榮太郎氏は「石破、小泉両氏よ、褌(ふんどし)を締めて出直せと言いたいね。」と語る!~~仮にだが、まかり間違って石破茂氏が自民党党総裁に選出され、日本の首相になったとしたら?特に外交面で、対中国、北朝鮮に対しての考え方と戦略、又、北朝鮮と南北統一を目論む韓国 ムンジェイン政権との関係性も益々難しい舵取りを迫られるだろう。米国のトランプ大統領とは、どうも馬が合わない様な気がするし、陰気な石破氏を嫌うのではないか?そのような事を考えると日本に取って石破茂政権とは、悪夢であるのではないだろうか!

2018/07/05 22:34:54 | 国内 政治 経済 | コメント:0件






キャプチャ
【国難突破】石破氏、進次郎氏…総裁候補は「低級ポピュリズム」やめろ 「安倍レジーム」継承の力量と構想はあるのか

もし、総裁選で勝てば、即座にドナルド・トランプ米大統領と信頼関係を築き、首脳会談で拉致問題を解決するのが初仕事になるからだ。

 さらに総裁候補の必須条件は、言うまでもなくこれから長期にわたる中国の脅威に持ちこたえられるかどうかだ。

 GDP(国内総生産)、国防費の日中格差は、この7年で大逆転し、3~5倍へと拡大し続けている。一帯一路による世界各国の間接支配と、軍事力強化、さらに世界の港湾を買収するなどによって、中国は複合的・戦略的な覇権化を図っている。

 日本がこのように中国に各種国力で大きく水をあけられるのは、近代史上初めての状況だ。安倍政権は、少子高齢化の局面を何とか克服し、株価、求人倍率、税収などを劇的に改善した。日本の国際信用力を回復しつつ、集団的自衛権の解禁で、日米同盟をかつてなく緊密なものにし、その統合的な結果によって、辛うじて中国の覇権主義に抵抗してきた。

 後継総裁は、こうして短期間に安倍首相が敷いた「安倍レジーム」を継承する力量と構想があるのか-切実に問われているのはそのことであって、「政権の不支持率がどうだ」の、「愛媛県文書がどうだ」のと、低級なポピュリズムはいい加減にしたらどうか。

 石破、小泉両氏よ、褌(ふんどし)を締めて出直せと言いたいね。

ネタ元「掲載記事」続きは http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180704/soc1807040006-n2.html
関連記事

スポンサーリンク


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2USER385546ULUさんのランキング集計結果