スポンサーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
274位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
48位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
スポンサーリンク

朝日新聞の慰安婦英語報道で修正申し入れ ケント・ギルバート氏ら~~朝日新聞は慰安婦報道で日本国内的には誤報を掲載し謝罪をしたことになってるが、海外向けの英語版では相変わらず、慰安婦虚偽報道の訂正をしていない。今回、ケント・ギルバート氏らが朝日新聞に英語版の修正を1万人分の署名を持参し求めたが、返答が「重く受け止める」だ。7月23日に朝日側が返答をするようだが本当に「重く受け止めてる」のか気になる所。これで、ミスを認めず開き直る様な姿勢を見せれば、朝日新聞の評価は更に低下する事だろう!

2018/07/07 11:52:17 | 国内 政治 経済 | コメント:1件






キャプチャ
朝日新聞の慰安婦英語報道で修正申し入れ ケント・ギルバート氏ら

米カリフォルニア州弁護士でタレントのケント・ギルバート氏らは6日、朝日新聞電子版の英語報道が「慰安婦強制連行・性奴隷説」を流布するような内容だとして、東京・築地の朝日新聞本社を訪れ、約1万の署名とともに表現の修正などを申し入れた。朝日側は「重く受け止める」として23日までに回答すると応じた。

 申し入れは、朝日が慰安婦の説明で「forced to provide sex(性行為を強制された)」としている表現を今後使用しないことや、朝日が朝鮮半島で女性を「強制連行した」と虚偽を語った吉田清治氏の証言に基づく記事を撤回したことの英語発信を求めた。

 ギルバート氏は申し入れ後の記者会見で「世界の歴史をみても間違った報道によってこんなに国益が損なわれた例はほとんどない。それだけ重大な問題だということを朝日新聞に理解してもらいたい」と述べた。

ネタ元「産経新聞」続きは https://www.sankei.com/politics/news/180706/plt1807060036-n1.html
関連記事

スポンサーリンク


コメント

2018/07/07(土) 21:59:42 | URL | 名無しさん #JalddpaA
日本国内の朝鮮と敵国インドネシア(オランダ)を一緒にした虚構が慰安婦問題。三田渡の碑の重い朝貢から解放された朝鮮半島、植民地ではない、独立しても疲弊から立ち直れず朝鮮が合邦を申し入れた結果。三一運動の暴徒を、みかねたロシアが殲滅(自由市惨変)、主体は共産主義者で、愛国とか無関係で、王家の暗殺未遂を起こしている(李王世子暗殺未遂事件)、慰安婦募集に関わったのは、土地勘のある朝鮮在住の女衒で、日本人ではない。でも、性病大流行で、教会が売春を禁じた欧米では、公娼は認められないよね。アジアはキリスト教でないから、私娼は少なく公娼中心。理由は、犯罪抑止や健康診断のため。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2USER385546ULUさんのランキング集計結果