スポンサーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
30位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
スポンサーリンク

「審議拒否はズル休み」立憲民主党 辻本清美国対委員長始め、表向き野党各党は威勢は良いが、最後は大島理森衆院議長に泣きついて国会審議に復帰していた!~~~厳しい世論に耐え兼ね、実質、野党は与党に「土下座」していたと言う事!それでも尚「森友 加計」ばかり!本当に、無能な集団だ!

2018/05/09 13:09:09 | 国内 政治 経済 | コメント:0件







キャプチャ

野党が「18連休」でやっと審議、成果「ゼロ」の惨敗 朝日新聞まで猛批判

結局、柳瀬氏については、与党が当初から提案していた「参考人招致」で落ち着いた。野党は、「(加計学園の決定過程に)一点の曇りもない」と過去に答弁した政府の国家戦略特区ワーキンググループの八田達夫座長の招致も容認した。これが、18連休で勝ち取った成果だ。

 時間とカネのムダ遣いに終わった野党の欠席戦術への評価は、厳しい。

 朝日新聞は8日朝刊で《空転国会 折れた野党》との見出しをつけ、《満額回答にほど遠い》《国会の正常化は、与党ペースで決着した》と突き放した。

 読売新聞も、同日朝刊で《野党 欠席戦術に限界》と批判し、「審議拒否は道を間違った」とする細野豪志衆院議員のコメントを掲載した。

 ネット上でも、「左派野党の敗北」「(18連休は)一般企業ならクビ」と糾弾する声が相次いでいる。自ら歳費を返却したらどうか。

「転載記事」続きは http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180509/soc1805090009-n2.html

関連記事

スポンサーリンク


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2USER385546ULUさんのランキング集計結果