スポンサーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
50位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
スポンサーリンク

「国民民主党」玉木共同代表がブログで「日本にとって重要なのは「ノドン」が廃棄されるかどうか」と意見を主張されてるが、主張の内容が少し政治を齧ったド素人でも先刻承知の内容で周回遅れの感がします。~~~1年以上「モリカケ」で騒いでおきながら、今さら北朝鮮問題を論じる玉木代表を皆さんはどう思いますか?

2018/05/15 17:34:28 | 国内 政治 経済 | コメント:0件








キャプチャ

日本にとって重要なのは「ノドン」が廃棄されるかどうか

14日の予算委員会集中審議で、北朝鮮問題を取り上げました。

融和ムードでも安心はできない
6月12日にシンガポールで米朝首脳会談が開催されることが決まり、融和ムードが広がっていますが、まだまだ安心できません。

特に、日本にとっては、懸念も多いと考えています。

拉致、核、ミサイルの3点セットの包括的解決が、我が国の国益であることは間違いありません。

このうち、核については、CVID(完全かつ検証可能で不可逆的な破棄)の確実な合意が必要です。この点、日米では意識を共有しているようですが、残念ながら、南北首脳会談後の共同声明や、先日の日中韓首脳会談の共同声明にも、非核化は出てきても、CVIDの言葉は出てきません。北朝鮮が主張している「段階的」という言葉も気になります。

アメリカのトランプ大統領も韓国のムン大統領も、北朝鮮による「壮大な時間稼ぎ」に付き合わされているのではないか、正直、私は心配しています。

米朝会談で、「CVID」あるいは「リビアモデル」で合意できるかどうか、厳しく見定めていかなくてはなりません。

我が国の国益は中距離ミサイルの廃棄
もっと心配なのは、ミサイル問題です。

そこで予算委員会では、特に、中距離ミサイル「ノドン」廃棄の可能

「玉木共同代表ブログ記事」続は http://agora-web.jp/archives/2032632.html
関連記事

スポンサーリンク


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2USER385546ULUさんのランキング集計結果