スポンサーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
30位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
スポンサーリンク

韓国と北朝鮮のかわした「板門店宣言」は、韓国における中国の影響力を加速化し、 韓朝連合は、日本への憎しみをむき出しにして来る結果となる。 北朝鮮と韓国が連帯を強めようとすればするほど、朝鮮のナショナリズムは高揚し、そして共通の敵としての日本の存在がクローズ・アップされてくることだろう。南北朝鮮の融和が進めば進むほど、両国と日本との間の歴史問題や領土問題を巡る対立はいっそう先鋭化することになるのだ。

2018/05/16 12:28:05 | 国内 政治 経済 | コメント:0件









キャプチャ

朝鮮半島全域が「中国の勢力圏内」に収まる日
「現状維持」が日本にとって最も望ましい

日本は地政学的な不利に追い込まれる
板門店宣言には、各国からおおむね歓迎の意向が示される一方で、北朝鮮の非核化については懐疑的な見方も少なくない。

また、わが国にとっては、日本人拉致問題という重大な懸案も残されたままである。多くの日本人が板門店宣言を字義どおりに受け取ることができないのも、当然であろう(「歴史的な首脳会談、主要国はどう反応したか」)。

しかし、もし北朝鮮が非核化を反故にした場合には、今回は、アメリカが北朝鮮に武力攻撃を仕掛けるという危険性が飛躍的に高まってしまう。強硬派のジョン・ボルトンを国家安全保障担当補佐官に据えたトランプ大統領なら、確かに武力攻撃もやりかねない(「南北首脳会談、『終戦宣言』がマズすぎる理由」)。

イラクやリビアの体制崩壊がもたらした混乱と周辺国への波及を見れば、アメリカによる北朝鮮への攻撃が日本に悪夢のような事態をもたらすことは想像に難くない。したがって、われわれ日本人としては、板門店宣言に掲げられた事項の実現に懐疑的ではあっても、それを願わざるをえないというところかもしれない。

しかし、ほとんどの人が見逃していることだが、実は、この板門店宣言がうたう朝鮮半島の非核化や朝鮮戦争の終戦が実現した場合には、日本は地政学的な不利に追い込まれ、安全保障上の脅威が高まってしまうという可能性があるのである。

このことを明らかにするためには、まず、理論から説き起こす必要がある。

「東洋経済記事」続きは https://toyokeizai.net/articles/-/219916 
関連記事

スポンサーリンク


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2USER385546ULUさんのランキング集計結果